SHINOSAN no NIWA

SHINOSAN no NIWA

会社勤めの一級建築士が1LDKの賃貸マンションで植物を愛でる30代ボタニカル男子の徒然ブログ

一手間かけた植木鉢で彩りディスプレイ

私が購入する植木鉢は葉っぱさん達の色を極力際立たせたいという思いからか(ほぼ無意識)白系のものが多いです。

 

テレビボードの上に置いており、その背面の壁紙も白色のため、白の植木鉢は特に目立つことなく背景と溶け込んでいるのですが、少し彩が少なく味気ない感じになってしまうので、我が家の植木鉢には、リボンを付けたものがいくつかあります。

 

何かのプレゼントをもらった際に綺麗なリボンが付いていて、このまま捨てるのは勿体ないなぁと思っていたところ目の前にあった植木鉢を見て閃いたのです。

 

初代リボン植木鉢がこちらです。(正確には植木鉢ではなく、プラントカバーです(°▽°))

 

f:id:shinosan1225:20190324160421j:image

 

こちらのプラントカバーはIKEAで買ったもので、陶磁器系のカバーです。真っ白で爽やかなのですがどこか味気ない感じ。

 

それが、この美しいサテン系のエメラルドグリーンの色合いがアクセントとなり、なんとも言えないゴージャスな1鉢になった気がします。いえ、気がするというより“なりました!(今はこのカバーは使っていません)

 

この1鉢が思った以上にいい感じになったため、それ以降何かのプレゼントについているリボンは捨てずに取っておき、植木鉢に巻いています。

 

ただ、やはり貰い物のリボンだけだと自分で色を選べないので中々植木鉢のイメージに合うリボンが無いのが現状です。

 

植木鉢に巻きたい欲はあるのに、巻けない悶々とした日々を過ごしていたのです。

 

そして、とうとう、、自分でリボンを買うようになってしまいましたヾ(*ΦωΦ)ノ

 

当時住んでいた場所の近くに大きなホームセンターがあって、確かその中にユザワヤさんが入っていたので買いに行ったのです。

 

おっさんがユザワヤに行くって相当ハードルが高いのですが、それよりも巻きたい欲が勝ってしまったのです。

 

店に行くと、沢山の色があることに少し驚きつつ、何よりもリボン幅ですらこんなにあるのかと感じた記憶があります。

 

大体1mくらい購入すれば植木鉢に巻くのには十分であるため、そんなにコストはかかりません。

 

自ら購入し始めてから巻いたリボン達がこちらです。

 

f:id:shinosan1225:20190324174410j:image

 

以下それぞれのアップです。

 

f:id:shinosan1225:20190324160538j:image

青系の色味が爽やかな印象に。


f:id:shinosan1225:20190324160542j:image

黄緑色だと、柔らかいイメージがあります。


f:id:shinosan1225:20190324160532j:image

植木鉢のフォルムとマッチして良いところの坊ちゃん風に。

 

f:id:shinosan1225:20190324160701j:image

ゴールドを使うと華やかになります。


f:id:shinosan1225:20190324160657j:image

シャンパンゴールドで上品なイメージです。

 

今までの【観葉植物紹介】で紹介している葉っぱさんの植木鉢なので、見た記憶がある人もいるかもしれませんが、改めて見るとこんな感じで案外カラフルです。

 

因みに「リボン以外でも何かできないだろうか」と考えてみたものが、こちら。

 

f:id:shinosan1225:20190324160748j:image

 

そう、もうこの世にはない、木っ端微塵に砕け散った植木鉢に付けていたアクセサリーです。何で完成した綺麗な状態の写真を撮っていなかったのか。。。悔やまれます。。ϵ( 'Θ' )϶

 

また、こちらの植木鉢は100均のレース柄両面テープです。(作ってみましたが微妙でした)

 

f:id:shinosan1225:20190324160821j:image

 

あまりに沢山の植木鉢にリボンを巻いていくと煩くなってしまうので、程々に巻きたい欲を抑えながら全体の雰囲気を崩さないように気をつけています。

 

マスキングテープで雰囲気を変えることも可能ですが、リボンは蝶々結びしているので立体感が出てきますのでおススメです。

 

ただリボンを巻くだけなので作業としては30秒くらいです。お家に余っているリボンがあれば是非やってみてください。

 

 

 

ブログランキングにしれっと参加中です。

記事を書く時の励みになりますので、気が向いた方は是非下記ボタンをポチッと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村


観葉植物ランキング